topimage

2010-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三回サックス講座 - 2010.08.02 Mon




皆さま、お待たせいたしました。



実に前回のサックス講座から



ほぼ一年ぶりとなってしまいましたが、



ご要望にお応えして、第三回サックス講座です。





今回は吹奏楽コンクール間近ということで、



即効性のある練習や



気をつけたいポイントをいくつかあげたいと思います。





☆楽譜を階名で歌おう!



楽器で吹けていても、指で覚えているだけで、なにげに階名で歌えなかったりするのですよ。逆に言えば階名で歌えれば吹けないことはほとんどないです。(歌えるけど、吹けない場合は第一回のサックス講座で書いたようにゆっくり練習してね。)この練習は楽器がなくても出来るし、ポイントは自分の譜面が休みの場所は主旋律を歌います。そうすると曲全体が頭に入ります。吹奏楽部員全員の頭の中に同じ音がなっていれば、タイミングが合わないこともないし、ハーモニーも美しくなる…はず(笑)なかなか期待通りにはいかないかも知れませんが、歌えていればよくわからない不安に襲われることもなくなると思います。





☆前日の夜に普段しないメンテナンスをやらない!



僕も経験しましたが、前日の夜に楽器をピカピカになるまで拭いたり、細かい部分の掃除をすると、バネが外れたり、楽器の鳴りが変わったりして、いざ本番で調子が悪いぞ!?なんてことが起こるので、危険を避ける為に日頃からメンテナンスをやり、前日はおとなしくしてましょう。日頃のメンテナンスとしては、キーがくっつかないようには気をつけたいですね。ソ#や低いド#のタンポに紙を挟んで、キーを指でおさえて、グッとひっぱる。そうすると汚れがとれてくっつきが解消されます。





☆リードは一枚に頼りすぎない!



僕も学生時代は同じリードをずっと駄目になるまで吹き続けるタイプだったので、偉そうに言えませんが(汗)一枚のリードに頼りきってしまうと、なにかの拍子にかけたり、鳴らなくなってしまうことはありうるので、何枚かのリードを育てていた方が良いでしょう。普段から色んなタイプのリードに挑戦するのも、自分を鍛える意味では大事なことだったりもします。





☆友達を大切にしよう!



もはやサックス講座ではありませんが、いまの僕の歳になって思うのは、中学校、高校の頃の友人というのははかけがいのないものです。必死になり過ぎるばっかりにぶつかったり、ぎくしゃくしたり、それでは、逆にいい音が出ません。コミニュケーションを大事にして、仲間を褒めあって伸ばしましょう。せめて本番前だけでもね(笑)









そんなこんなで、これからコンクールにのぞむ皆さん、



楽しいステージになるよう頑張ってくださいね。



ではでは。



スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

藤田淳之介

Author:藤田淳之介
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (733)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。